就労継続支援A型事業所とは?

一般企業への就職が困難な障がい(難病)をお持ちの方へ、雇用契約に基づき、働く場所・機会を提供いたします。
就労に必要なスキル、知識の習得など必要な訓練を行います。

利用対象者について

  • 障がい者手帳(身体・知的・精神・発達障害・難病)をお持ちの方、並びにこれらに準ずる方
  • 年齢が18歳以上65歳未満の方
  • 移動・食事・排泄等、身辺処理の自立されている方
  • 指示・意思伝達等の理解ができる方
  • 定められた規則等を守れる方

就労継続支援A型の利用方法と、事業所への採用の流れについて

1.ハローワークや役所の窓口にて申し込みを行う求人募集を行っているA型事業所を紹介してもらい、面接など採用のための選考を受けます。事業所によっては見学会や説明会を開催しているところもあるため、気になる事業所がある際には、積極的に問い合わせを行うのが良いとされます。

2.採用内定後、役所の窓口にて利用申請を行う役所の障がい福祉課へ、就労継続支援A型のサービス利用を申し込みます。その際に現在の生活状況など詳しく聴取されます。その上で「サービス等利用計画案」を作成し提出します。これは仕事をするにあたっての課題や本人の目標を踏まえ、最適なサービスを提供するために必ず必要なものです。指定特定相談事業者(障がい福祉サービスの利用を希望する方の支援やさまざまなケアを行う事業者)に作成方法について相談、依頼することもできます。

3.障がい福祉サービス受給者証の発行利用申請の手続きが無事終わり、申請が認められると障がい福祉サービス受給者証が発行されます。

4.事業所での勤務開始採用が決まった就労継続支援A型事業所と正式に雇用契約を結び、勤務開始となります。